ルールで勝てるようになった後の誘惑

【投資はスキルだけでは長続きしない-金田さん(仮名)の場合②】

| 主婦・公務員でもできる副業

自己流のFX投資で200万円の損失を出した個人事業主の金田さん。「考えない投資術」のFXスクールに来てルールを学び、ルール通りに実践したところ、最短の3ヵ月で6週間連続で勝ち越してデモトレードを卒業し、リアルトレードでも順調に勝ち進んでいったのですが・・・

1回のトレードで10万円をゲット

デモトレードを卒業して、リアルトレードを始めて2ヵ月ほどのある日、金田さんは1回のトレードでいきなり10万円儲けました。

ところが、これが原因で金田さんの考えは変わってしまいます。

それまで金田さんは、「自分は前に失敗したから今度は先生の言うルール通りにしてみよう」と思って、ルールに忠実にトレードしてきました。

 

ルールに忠実なトレードは、基本的に週6%の利益を目指します。逆に言うと、それ以上の利益は切り捨てることになります。

 

6%というのは、30万円の元本が1週間で18000円増える計算です。

 

6%の利益を大きいと思うかどうか

 

6%を大きいと思うか小さいと思うかは人それぞれですが、週利で6%なら、増えた利益を元本に加えてさらに投資を続けていくと、元の資金30万円は1年で600万円以上になります。

 

これが複利の力です。これでも十分凄い!と冷静なときなら思いますよね?

 

ところが、30万円の元本で10万円利益が出ると、

「これは凄い!」と目がくらんでしまうのです。

 

もし、30万円でなくて300万円の元本で同じ取引をしていたら一回のトレードで100万円もうけられる、と金田さんは思ってしまいました。

 

それはもう、ルール通りの取引ではありません。

でも、金田さんは、「常に勝てるようになったのは自分に実力がついたからだ」と思ったのです。

 

「実力がついた自分ならルールを使わなくても勝てる」と考えてしまいました。

 

もうルールに頼らなくても大丈夫?

 

そうすると、逆に「ルール通りにやっているから小さな利益しかとれないんだ」

と思えてきてしまいます。

 

自分はできると思った金田さんは自分の資金を新たに200万円、元本に組み込みました。

それでどうなったでしょうか?

 

2ヵ月もしないうちに、その200万円を全部失ってしまったのです。

 

どんなトレードをしたのか見せてもらいましたが、もちろんルールを守ってはいませんでした。

 

この話だけ聞くと、「なんでそんなバカなことをするんだろう?」「せっかくうまくいっていたルールを破るなんて」とすごく不思議に思えるかもしれません。

 

ですが、こういうパターンにはまられる方は凄く多いのです。

 

誰もが陥りがちなメンタルとは

これは、実際やってみないとわからない不思議な心境ですが、自分がリアルのお金を手にすると、「ルールで稼げた」というより、「自分の能力で稼げた」と思えてくるのです。

 

先にも言ったように、ルールを守ると、損が少ない代わりに利益も制限するので、

 

「ルールを使わなければ何倍も稼げたのに」

と感じやすい状況に結構遭遇することになります。

 

目の前で「もっと大きな利益がとれるのに逃した」状況に逢うと、損が避けられたことよりも「もっと取れたのに」という気持ちだけが強くなっていきます。

 

それでルールを守ることが嫌になってしまうのです。

 

もっと儲けられそう!という誘惑

 

「もっと儲けられそう!」という気持ちの方が、「ルールを守って淡々とトレードする」よりもワクワクして楽しいのは間違いありません。

 

このワクワクに身を任せると、ルールも何も吹っ飛びます。

 

これは他の投資でも同じ事です。

興奮を求めるメンタルを乗り越えられないと安定して勝つことはできないのです。

 

では、この強い誘惑を乗り越えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ルールで勝てるようになった後の誘惑

ルールを忠実に守って利益を出せるようになると、ルールのせいで失っている利益が気になるようになります。「ルールから離れればもっと儲けられるのに」という誘惑が出てきてしまうのです。この誘惑に負けないメンタルを身につけてこそ、安定できる収入源を手に入れることができます。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP