投資初心者が陥りがちなワナを最初から知っておきましょう。

【投資初心者が陥りがちなワナ】

| 投資の考え方

投資を始めたばかりの人が陥りがちなワナがあります。これは投資を始める前にぜひ知って起きたいことです。

ビギナーズラックの後に潜むワナ

FXに限りませんが、「ビギナーズラック」というものがあります。最初はなぜか勝ててしまう、うまくいってしまう、というやつです。それで、「ああ、勝てるんだな」と気が大きくなるんですが、ここに落とし穴があります。

 

それは何でしょうか?

こうなると、「損切り」ができなくなるのです。

「損切り」というのは

「ここまで値下がりしたら損を出しても売る」

とあらかじめ自分で決めておくことです。

 

損失額を一定以上大きくしないためにやるのが「損切り」なので、これをやると必ず現実的に損が出ます。

 

損をしてでも売れますか?

イメージしやすい「株式」の例で考えてみましょう。

 

A社の株式を1000円で100株買ったとします(10万円の出費

ところがA社の株価は900円に値下がりしてしまいました。

今、手持ちの株を売ったら100円x100株=10000円の損をしてしまいます。

 

ここでたとえば、900円になったら損切りしよう、と決めていたとしたら、損をしてでも売らないといけないところです。

 

とは言え、実際に売らない限り、10000円の損は発生しません。

 

それなら(株価は上がることだってあるんだから)この株が1000円に戻ったり、あわよくば1050円になったりするまで待ってから売ればいいや、と思ってしまうのです。

 

「そのうちに回復できる」と思ってしまいがち

人間「損」を直視するのはイヤなものなんですね。

ところがこれがワナです。

 

ひょっとしたら、1、2回はうまくいくこともあるかもしれません

でもこれを繰り返していたら必ず、「株価が戻らない」という状態に遭遇します。

 

凄く値下がりして売るに売れなくなった株を抱えることになってしまう投資家は非常に多いのです。

これは俗に「塩漬け」と呼ばれています。

 

「塩漬け」になってしまうと投資できなくなる

塩漬けがいくつもできると、結局動かせる資金がなくなって投資もできなくなってしまいます

これは株式投資でよくある話ですが、FXでも心理的には同じです。

 

ただしFXの場合、これがもうちょっと極端な形で起こります。

次回はFXの場合をお伝えしますね。

投資初心者が陥りがちなワナとは?

それは損切りができなくなることです。最初にビギナーズラックでうまくいってしまうと、特に損失を受け入れることが難しくなります。そうなると、「いつか挽回できる」を繰り返しているうちに、動かせる資金がなくなってしまい、投資が続けられなくなってしまうのです。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP