スランプに陥るのはなぜ?

スランプに陥るのはなぜ?

| 投資の考え方

投資をしていると誰でもスランプに陥ることがあります。なぜスランプに陥るのか、そこから脱するにはどうしたらいいかがわかります。

ルールに従っているだけなのになぜスランプがあるのか?

普通、スランプに陥るのは心の状態(メンタル)が原因ですが、「考えない投資術」ではルールに従って投資しているだけなのに、それがどんなふうに影響するのか、不思議に思われるのではないでしょうか?

実際、私も不思議でした。

「単純にルール通りにやればいいだけなのになぜそれができなくなる?」と。

ですが、自分自身の経験からもたくさんの生徒さんの経験からも間違いなく、そういう状態がやってきます。

それはまず、「勝てない」と思うところから始まります。

「勝てない」と思うと、

 

「なんとか勝たなければ」

「損を取り返さないと」

 

と思って焦るのでトレードの回数がやたらと増えます。

 

回数は増えるんですが、面白いことに有利な情報を見逃してしまうのです。

こういうときは、ルールで教えているサインとは違うものをサインだと見間違えたり、サインが出ているのに見逃してしまったりします。
本当に不思議なことですが、人間の脳には「自分の見たいものを見る」という傾向があります。

みつけたいのにみつからない

じゃあ、「サインを見つけたい」と思っていたら、サインをみつけられるんじゃないか?

と思うのですが、そう都合良くはいきません。

引き寄せ系の本にも書いてありますが、実際私の体験からも、引き寄せの法則で引き寄せられるのは、そのときの「感情」です。

焦っていると、その焦った状態がさらに引き寄せらるし、

「勝てないと困る」「負けたくない」と思っていると、

その「負けたくない」気持ちが続くような引き寄せが起こるのです。

 

そうすると、「脳が見たいもの」は「サイン」ではなくて、「勝てないで焦っている状態が続くような情報」になります。

だからサインがみつからなかったり、見間違えたりするんですね。

これは実はトレードだけじゃなく、あらゆることに言えることです。

スランプを脱するには

なので、スランプに陥るのは、「勝てない」「負けたくない」という思いにとらわれてしまうからです。

なので、スランプを脱するには、その思いにとらわれないようにすればいいのですが、これが簡単にできないから苦労しますよね。

そこでお勧めしているのが、別の記事でも時折紹介している「口ぐせ理論」です。

 

口ぐせ理論を学びながらトレードすると、自分の心の動きにも気づけるようになります。

「勝てない」「負けたくない」といった執着の強い気持ちにも深入りしないうちに気づき、習慣になっている良い口ぐせで軌道修正ができるのです。

トレードをしていると、この気持ちの変化がよくあるので、口ぐせ理論の実践の場としてもお勧めです。

 

そしてこの「負の感情」にとらわれないくせがつけば、トレードのスランプだけでなく、人生ので起きるあらゆることのスランプに陥りにくくなり、陥りそうになってもすぐ気づけるようになるのです。

スランプに陥るのはなぜ?

スランプに陥るのは、「勝てない」「負けたくない」という思いにとらわれてしまうからです。その思いにとらわれず、スランプに陥りにくくしたり、陥りそうになってもすぐ気がついて修正できるようになるには口ぐせ理論が効果的です。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP