メンタルが強いのは「淡々と継続できる人」

メンタルが強い人ってどんな人?

| 投資の考え方

この記事では、考えない投資術で成功する「メンタルが強い人」とはどんな人か、そうなるためにはどうしたらいいかがわかります。

メンタルの強さとは?

メンタルが強い人というと物凄いプレッシャーに耐える人、というイメージがあるかもしれません。でも、「考えない投資術」で勝ち組になるメンタルが強い人は、そんな特別な人ではありません。

考えない投資術でいうメンタルが強い人というのは「継続して一つのことを守り続けられる人」です。

「考えない投資術」では「勝ち組トレーダー」を育てます。

というと、なぜか全戦全勝のトレーダーをイメージされがちなのですが、決してそうではありません。

私達が目指しているのは勝率3割で利益で勝ち越すトレードです。

その利益だって倍になるほど大きい必要はありません。

調子が良ければ勝率がもっと上がることもありますが、基本的にはやたらと勝率を上げることよりも、ある一定期間でかならず黒字になるようなトレードを目指します。

そのために必要なのは、目先の負けに左右されないで淡々とルールどおりにトレードすることです。

淡々とトレードできないとどうなる?

ところが、これが簡単そうに聞こえてけっこう難しく、「淡々と」できない状態が起こります。

そうするとどうなるか?

 

ルールを破ってしまったり、トレードをしなくなったり、ということが起こります。

ルールを破るのも、意図的に破る人もいれば、

この前言ったようなメンタルブロックがかかって、出ているサインを見逃してしまう、といった状態になる人もいます。

「淡々と」ルールを守ることがなぜそんなにできないのか、普通のときに想像するとわからないかもしれません。

でも、実際にそうなる人がほとんどなのです。

 

これは人間の生存本能的な「負けたくない」「否定されたくない」という感情に結びついているからです。

 

その感情をコントロールするには

この本能的な感情の動揺をコントロールするのには、「意識して抑えつける」こともある程度は必要ですが、日頃から「勝ち負けに執着しすぎない」気持ちを持てるようになることが一番です。

 

これができると、特にがんばらなくても「淡々と」できるようになります。

 

そして「執着しない」メンタリティを作るのにとても有効なのが、私が佐藤富雄先生から教わった「口ぐせ理論」です。

口ぐせ理論で、勝ち負けに執着しない「感謝」のメンタリティを持てるようになると、非常にメンタルが強くなります。

そうすると、淡々とした作業(といってもわずかな時間ですが)を継続することが苦ではなくなり、いつの間にかデモトレードを卒業しているのです。

メンタルが強いのは「淡々と継続できる人」

考えない投資術でいう「メンタルが強い人」とは一つ一つのトレードの勝ち負けに動揺することなく、淡々と、ルールを守ったトレードを続けられる人です。このメンタリティは、「口ぐせ理論」を学ぶことによって身につけることができます。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP