ルールをマスターした後もメンタルの修行は必要

勝てるようやっになった後も問題はメンタル

| 投資の考え方

ルールをマスターしてデモトレードを卒業したら、誰でも「勝ち組トレーダー」になれるんでしょうか?もちろん、なれます。ただし、ルールをマスターした後でも気をつけなければいけないこともあります。

なぜデモトレードをするのか?

「考えない投資術」を教えている私のスクールでは、デモトレードを卒業できるまでは実際のお金を使ったトレードをさせません。

 

 

これには、

1. 操作慣れしないことによるミスをなくすため(トレードしたいときにはスムーズにトレードできるように)

2. 実際に損することなしに十分練習してルールを覚えてもらう(テクニック的に)

3. 「10回のうち7回負けても気にしない」平常心メンタルを作る

という目的があるからです。

 

 

この3つがそろうことでデモトレードで勝ち越せるようになります。

そこで晴れてデモを卒業できるんですが、

卒業したらもう大丈夫か?

というと必ずしもそうではありません。なぜなら、

 

現実のお金が関わると平常心が保てない

ということがほとんどだからです。

 

デモトレードでは勝っても負けても「淡々と」トレードできるようになっていたのに、現実のお金がかかってくると、とたんに焦ったり心配したり、欲が出たり、怖くなったり・・・

と様々にメンタルが変化して、

ルールを守れなくなったり、トレードできなくなったりすることが多々あります。

 

 

そこで、デモトレ卒業直後は少ない金額からリアルトレードを始めてもらいます。

ですから利益が出ても損をしても数千円(利益の方はうまくいけば数万円)のレベルなのですが、

それでも実際のお金がかかるとプレッシャーが全然違うんですね。

 

 

「自分はそんなことはないはず」と思っていても、多かれ少なかれ、皆さん経験します。

もちろん、「勝てるルール」は完璧にマスターしているんですよ。

それでも怖くなってしまうんですね。

 

 

そういうときにはもう一度デモトレードに戻って立て直してもらいます。

が、立て直すのはテクニックではなくてメンタルです。

 

 

「実際のお金」のパワーに負けないメンタルパワーを身につけましょう。

ルールをマスターした後もメンタルの修行は必要

デモトレードを卒業して安定して「勝てるルール」を使えるようになるにはメンタルの訓練が必要でした。ところが、デモトレ卒業後、リアルトレードができるようになったら、今度は「実際のお金」のパワーに負けないメンタルが必要になってきます。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP