FXが危険と言われる理由とは?

素人がFXをしてはいけないと言われる理由

| 投資の考え方
tag:

いろいろな投資の中でも、FXは特に危険だと言われることがあります。確かに何も知らないでいきなり始めるのは危険です。ここではその理由を解説します。

FXが特に危険だと言われる理由

この前、初心者が陥りがちなワナとして、「損切りできなくなる」ということをお話ししました。こうなると株式投資の場合、売るに売れない株を抱える事になります(俗に言う「塩漬け」です)。

ところがFXの場合はもっと過激な事態になります。

値下がりして損をするどころか、投資した資金全部(元本)を失ってしまったり、さらに余分なマイナスまで背負うことがあるのです。

実は株式でも「信用取引」と言われるものをすると、これと同じようなことが発生しますが、株式投資の初心者が信用取引をすることはまずありません。信用取引は上級者向けなのです。

ところがFXトレードでは最初からこの上級者向けの仕組みになっています。

FXトレードの売り買いは普通の売り買いとは違う

株式なら自分が買った株は自分の物になります。これは、何か「モノ」を買うのと似た感覚です。
最初に「お金を払って買っている」ので、かなり値下がりしたとしても買ったものを売ればなにがしかは戻ってきます(倒産しなければですが・・)。

ところがFXでは最初にお金を支払って何かを自分のモノにするわけではありません。

ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、

FXでは最初に「売り」か「買い」のどちらかの取引をして、後で、その最初とは反対の取引(「買い」か「売り」)をすることで決済します。

この反対取引をしたときに始めて、自分の利益や損失が現実になります

ただし、ずーっと決済をしないでいるということはなかなかできません。

難しい説明は省きますが、ある程度以上の不利な値動きになると、強制的に損切りをさせられるシステムが働くからです。
急激に大きく値下がりした場合、かなりの損失が生じる場合もあります。
為替相場はかなりよく動くので、こういうことは少なくとも数ヵ月に1度くらいは必ずあります。

損切りができないでいる人はそのときに大きく損をしてしまうのです

これが、あまりよくわからずにFXを始めてしまって大きな損失を被って市場から去って行く人のパターンです。

でも、安心してください。最初にルールを学び、デモトレードで(実際のお金を使わずに)練習してから取り組めば、こんな危険な目には遭わずにすみます。

リスクがあるにもかかわらず、私がFXトレードをおすすめするのは、それを確実に避ける方法があり、そこさえしっかり学んでトレードすれば、FXは少ない金額から効率よくお金を増やすには、何よりも適した投資だからです。

なので、ぜひルールをしっかり学んだ上でFXトレードで資金を増やしてもらいたいと思います。

いきなりFXトレードを始めるのは危険です

FXトレードには確かに危険と言われる理由があります。何も知らずに始めてしまうと、元本そのものをなくしたり、元本以上の損失を被ったりします。ただし、ルールを覚えて、デモトレードで訓練してから取り組めば、少ない資金で効率よく資産を増やせる魅力ある投資になります。リスクがあることを認識した上で、しっかりルールを学んだ上でトレードしましょう。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP