知らないと損する!投資未経験者のための国内株式基礎知識

投資未経験者必見!初めての国内株式をする際の注意点とは

| 投資の考え方

これから国内株式を始めてみたいけれども、投資は未経験という方が安心して株取引が始められるように、株取引についての基礎知識、国内株式投資の種類、値動き、リスク、証券会社の選び方など、株取引について最低限知っておきたいこと、実際に株式投資をする際に注意しておきたいポイントなどを詳しく解説していきます。「株取引って怖そう…」そんなことはありません! これを読めば安心して株取引にチャレンジできますよ。

初めて国内株式投資に挑戦する方へ~しっかり学べば怖くない!

国内株式投信の種類とは

日本国内の株式投信の種類は大きく分けて2つに分かれます。
その一つがインデックス型で、日経225やTOPIXなどの指数を基準に値動きが連動されています。
例えばTOPIXが10%上昇するとインデックス型の投信も10%値上がりします。
インデックス型の株式投信は、売買がコンピュータによりシステム的に運用されるため基準価額がわかりやすく、手数料などのコストが安いのが特徴です。
もう一つの株式投信がアクティブ型で、ベンチマーク(運用で目標とする指標のこと)を上回る運用を目指します。
ファンドによって運用方法が異なるため割安株を集めたバリュー型、配当金が多い高配当型、成長が見込まれる銘柄が集中したグロース型などがあります。

株式投資を始める際には、インデックス型とアクティブ型はどちらかを選ぶことになります。
一概にどちらがいいとは言えませんが、相場が不安定な状況であればアクティブ型の方が利益を出しやすい傾向があります。
例えば為替が円高になったとしたら、円高でデメリットを受けてしまう銘柄を外して、メリットを受ける銘柄に組み替えるなどの自由がききます。
インデックス型はファンドが勝手に銘柄を変更することができないため、相場の値動きが激しいときの為替指数は大きな乱高下が予想されます。

国内株投信の値動き・リスクとは

国内株式投資をする場合は、株価がどんなことに影響を受けて動くのか、保有することでどのようなリスクがあるのかを予め知っておく必要があります。
例えばリーマンショック時の株価大暴落などの曲面が来ても、「これは一時的なものなのか、そうでないのか、景気サイクルによって価格が戻るのかどうか」を冷静に判断できれば、精神的ダメージを大きく受けずに落ち着いて保有することができます。

投資信託のリスクには、価格変動リスク、信用リスク、為替リスクなどのリスクがあります。
価格変動リスクとは、保有している株の価格が投資した金額より下がってしまうことをいいます。
一方債券の場合は少し異なり、満期まで保有していれば元本は発行元が保証しています。
保有期間中は金利の変動によって債券価格にも若干の振れ幅が生じますので、この場合も価格変動リスクがあるといえます。
株式の場合は株の価格が上下するのは当たり前の現象ともいえるでしょう。

信用リスクは、債券や株式を発行している企業、政府自治体などが破綻するリスクをいいます。
保有している会社が倒産して債券が紙切れ同然になってしまったというケースは、現在では決して珍しいことではありません。

為替リスクは主に外国株式投資をする場合に注意したいリスクです。
為替相場の上下落によって負う可能性があります。
国内株式投資をする場合にはあまり気にする必要はありませんが、FXなど外国為替証拠金取引をする際には、このリスクをしっかりと頭に入れておく必要があります。

投資ビギナーが陥りやすい!国内株式をする際の注意点

株式投資で使う資金は、生活資金でなく余剰資金を使って行いましょう。
これは株式投資だけでなくFXでも全く同じです。
もし生活資金を使って投資をしてしまうと「これ以上資金が減ったら困る!なくなったら生活できない!」という思考に陥るため、相場を見て冷静な判断ができなくなります。
万一「ここでもっと増やさなければ生活できない」状態になってしまうと、借金をしてまで投資をするという判断をしかねません。
これは投資未経験者の方や経験が浅い方に多くみられる傾向です。
「株式投資はギャンブルだ」と言われるゆえんもここにあるでしょう。

また、株式投資には元本保証は一切ありません。
インデックス型、アクティブ型どちらの種類を選んでも全く同じです。
どの株をどのタイミングで売買するのかは全て自己責任で行う必要があります。
購入しようと考えている銘柄について、国内株式相場について、運用方法についてなど、株式投資で資産を増やすには勉強をすることがとても大切です。

さらに、なぜ株式投資をするのかを常に考えておきましょう。
株式投資をする理由は人それぞれ異なります。
投信の種類も前述したとおり、さまざまです。
特に初めて国内株式投資をする方は、株式投資の基礎だけはしっかりと学んでおき、余剰金が少ない方は小さな額から始めて経験を積んでいくパターンをおすすめします。
いきなりハイリターンを狙うことなく知識を付け、経験を増やしていきましょう。

株式投資未経験者だからという甘えは捨てよう!

国内株式の売買時間は午前9時から午後15時です。その間に株価は景気や需要と供給、個別企業の業績や国内ニュースなどによって大きく変動します。株式投資は大切な資金を運用する手段の一つです。投資未経験者の方こそネットの掲示板やSNSなどの情報を鵜呑みにせず、自分で売買の判断ができるようにしっかりと株式の基礎を投資の心構えを身につけていきましょう。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP