年金だけではなぜ老後資金が足りないのかという理由をご紹介しています。

副業を始めよう!年金だけでは足りない?老後破産の不安

| 主婦・公務員でもできる副業

「自分の世代は年金がもらえるのだろうか」と不安に思っている方はたくさんいるようです。 年金だけに頼らず、自分の力で老後の資金を考えることが大切です。 ここでは、老後資金に関する実態についてご紹介しましょう。

老後資金の準備はしたくてもできない?

老後資金の準備として、月々貯金をしているという方もいることでしょう。
しかしながら、実際には今の生活にかかる費用を準備しなければならないため、思うように貯金ができないという方もたくさんいます。
節約するにしても、月に1万円が精一杯という方もいるでしょう。単純に計算すると、1年間で12万円の貯金になり、25歳から65歳まで貯めたとして480万円の貯金になります。480万円と年金で65歳以降の老後の生活が成り立つでしょうか。
「これでは老後資金が足りない」と感じる方がほとんどでしょう。
 

老後資金を子どもに期待するのはやめよう

子どものいる家庭では、もしかしたら、「老後の足りないお金は子どもに面倒をみてもらおう」と考えている方がいるかもしれません。
現役世代は、現状の生活費や住宅資金、子どもの教育費などで精一杯の家庭が多いことでしょう。
しかし、老後資金を子どもに期待するのはよくありません。
そもそも、子どもが老後資金を助けてくれるという保証はあるのでしょうか。子どもには子どもの人生があります。子どもが現役世代になり、自分の家庭を持てば、今の現役世代と同じように自分の生活で精一杯になるかもしれません。
世の中には結婚しない選択をする方もいるでしょう。
誰しも、老後資金については自己責任で考えていかなくてはなりません。
 

老後資金はプラスアルファで作り出す

ここまでご説明したように、老後資金を貯金で準備したり、他の人をあてにしたりすることは期待しないほうが良いでしょう。もちろん、年金だけでは足りないということははっきりしています。
老後資金は、現在の生活にプラスアルファをつけることで生み出すことが、現実的な方法だといえます。このプラスアルファとは、副業のことです。
現在の生活に負担にならない範囲で副業を始め、収入を増やしていくことが足りない分の老後資金を準備する秘訣です。
 

副業にもってこいなのはFX

年金をあてにして、漠然として生活していては老後資金が足りないということは、ここまでのご説明でお分かりいただけたことと思います。
老後資金を増やすためには副業をおすすめしますが、複雑な副業を始めるのは、本来の生活に影響が出るかもしれません。
タケルFXスクールで教えているFXの方法なら簡単で堅実な投資法なのでおすすめです。「年金だけでは不安だけど難しい副業はしたくない」という方は、タケルベーシックルールに基づくFXについてチェックしてみてはいかがでしょうか。
 

安心して老後資金を増やすなら副業をしよう

老後資金について、年金だけではあてにならない可能性が高いです。かといって、ほかの家族に頼るというのも、可能かどうかわかりません。 現在の生活費に影響することなく、自分の老後を明るいものにするためには副業が一番です。 簡単な投資スタイルの副業としてはFXがあるということをご紹介しておきます。 タケルFXスクールで教えているFXの方法以外にも興味のある副業があれば確認してみて、早めに始めることをおすすめします。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP