円高とは?投資用語を初心者向けに解説

円高とは【投資初心者でもよくわかる解説】

| 投資用語集

円の価値が上がると
輸出はマイナス、輸入はプラスになる

円高とは、1円で交換できる他国の通貨単位が多い状態をいいます。本日、1ドルが100円だったものが翌日、1ドル90円になることです。
円高は円の価値が高くなるため、輸出産業が多い日本経済に大きな影響があります。
例えば円の価値が高くなると海外への販売価格が高くなります。その結果販売数が減る⇒輸出が減るという流れになり、結果として景気が悪くなるという傾向が考えられます。輸入産業は海外から安く原材料などを仕入れることができますが、全体として景気が悪くなるため売上増につながりにくくなります。旅行関連の企業にとっては円高時は海外通貨をより多く手に入れることができるため、海外旅行が増える傾向があります。
雇用関連をみると、円高時に海外への工場移転や店舗増設が増えるため、国内の雇用が減る傾向があります。株価も景気の悪化が心配されます。
円高時はデフレ、円安時はインフレが懸念されます。FXなど海外の通貨や資産に投資をしている場合は円高時は損が、円安時は利益が発生するので値動きには充分注意が必要です。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP