ここは注意!外国債と国債の違いと特徴について

外国債について|国債と外国債の違いと投資の際の注意点

| 投資用語集

外国債とは、発行市場、発光体、発行通貨のいづれかが外国である債券のことをいいます。外国債によっては国内債券と比較して高金利の債券もあり、為替利益を得ることも見込めます。ここでは投資初心者さんがちょっと手を出しにくい外国債について、他の投資方法との比較、外国債のメリット、デメリット、外国債投資のポイントなどをご紹介します。外国債ならではの特徴をよく知って投資にお役立てください。

外国債ってどんな投資なの?
他の投資方法とどう違うの?

外国債とは

外国債とは、外国の企業や団体、政府が発行、外国通貨建てで発行、外国の市場で発行された債券のことをいいます。
一般的に外国債と呼ばれるのは「外貨建て債券(外債)」になります。海外の企業や政府が自国の通貨で発行しています。
投資家は債券を購入することで、債券の発光体に融資していることになります。
お金を貸し付けているのでその間は利子を受け取ることができます。
満期になると元本は額面分返ってきます。
債券の種類は円建て債券、外貨建て債券、二重通貨建て債券の3種類があります。

国債と外国債の違い

外国債は国が破綻するなどの信用リスクはあるものの、貸付けている額面は保証されるので国債が紙切れになってしまうというリスクはほぼありません。
ただ外貨建てになるため日本円に替える際に為替レートと連動して上下するため、為替差益によるリスクは伴います。
これは外貨預金、FXと同じです。
まとめると、個人向け国債は額面保証され、為替リスクがありませんが、外国債券は額面の保証はされるが為替リスクが生じます。

外国債のメリット

外国債のメリットは国債では得られない高い利回りと、為替変動による差益を得られる可能性があることです。
外国債によっては安全性がかなり高いものもあります。
日本がインフレ時に強く、円高時に購入して円安時に売却すると為替差益が得られます。
また資産分散にも向いています。
外国債の格付けや信用度、発行量を充分考慮して投資すると大きな利益を得ることも可能です。

外国債のデメリット

外国債のデメリットは発行元が破綻すると元本が大きく割り込んだり、ゼロになることがあります。
また国債の価格は変動があり大きく価値が下がってしまう場合もあります。
売却時に購入したときより円高の場合は損をすることもあり、債券購入時にまとまった資金が必要になります。
外国債は格付け調査などが必要になるため、ある程度投資に慣れた方が取り組むのによい投資方法です。

外国債投資のポイント

現在の世界的な金利上昇時に外国債へ投資することはなかなか難しいですが、米国ハイイールド債や新興国国債など信用リスクが高いがリターンも期待できる債券など、よく探せば利回りで期待できる外国債があります。
投資資金をどれだけ外国債に入れられるかにもよりますが、分散投資で利用すると考えれば、なるべく値動きが異なる金融資産同士を組み合わせて投資する方法も選択肢の一つといえます。
債券を保有している間にかかる手数料ができるだけ少ない金融機関を選んでいくことも必要です。

外国債は投資する国の安全性とリスクをしっかりチェック!

国債は発行している国が元本保証と利息の支払いを行います。もし発行国に支払い能力がなくなった場合は元本割れの可能性がありますので、購入する国債の安全性はしっかりとチェックする必要があります。その点で日本国債はかなり安定した運用と元本保証がメリットといえます。解約などのイレギュラーがなければ解約手数料の負担もありません。世界各国の国債を購入するチャンスがありますので、国際情勢を見極めて購入していけば安定した利益も見込めます。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP