キャッシュフローとは?投資用語を初心者向けに解説

キャッシュフローとは【投資初心者でもよくわかる解説】

| 投資用語集
tag:

企業成績が優秀な会社は営業キャッシュフローがプラス

キャッシュフローとは、お金や資金の流れのことをいいます。キャッシュが一年間でどのように生み出されて、何に使われて、どのくらい残っているかを確認できるのがキャッシュフロー計算書です。
利益は発生主義で、売掛金、クレジット売上など現金が入金されていなくても売上として計上されてしまいますが、キャッシュは現金収支という事実をもとに計算されているので、「利益は意見、キャッシュは事実」と表現されます。
キャッシュフローは企業が営業活動を存続するために最も重要で、利益がいくらあっても、支払い期日までに現金がないと破綻してしまう黒字倒産にもなりかねません。
キャッシュフローは1999年、上場企業に「キャッシュフロー計算書」の作成が義務づけられました。中小企業には作成義務はありませんが、金融機関に提出する決算書には作成されています。キャッシュフローが重視される要因は企業の事業状態を確認できるものであり、金融機関にとっては返済能力がどのくらいあるかを測るバロメーターともいえます。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP