為替とは?投資用語を初心者向けに解説

為替とは【投資初心者でもよくわかる解説】

| 投資用語集
tag:

銀行振り込み、郵便為替など
現金を直接渡さずに行う金融取引

元々、為替(かわせ)は現金以外の方法で支払いを行う金融取引のことをいいます。
為替の起源は江戸時代にさかのぼります。江戸と大阪など地理的に遠く離れた商人同士が大きな取引をしたとします。発生した代金の支払いを直接現金で行うことは、盗難や強盗などの危険が考えられました。その際、両替商を通じて現金の代わりに為替手形を発行してもらい、売買代金の受け渡しをしていました。
これが為替取引の原点ですが、現在ではさまざまな支払いや送金に銀行振り込みが利用され、パソコンやスマートフォンなどで簡単に手続きができるようになりました。振込や口座振替も為替取引に含まれます。
日本国内で為替取引をすることを内国為替といい、外国と為替取引をすることを外国為替といいます。外国為替は、決済通貨を決めてそれを自国の通過に交換します。為替レートの変動によって、同じ価格の取引でも大きく利益が変わるため、為替相場の変動は投資家にはなくてはならない情報の一つです。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP