投資初心者さん必見!わかりやすい先物取引の基礎入門

先物取引とは|わかりやすい解説とその特徴・他との違い

| 投資用語集

先物取引は大豆やとうもろこしのような、これから収穫される商品の取引をする商品先物取引と、価格がまだ決まっていない将来の株を取引する金融先物取引があります。この二つの取引にはどんな特徴があるのでしょうか。また先物取引と信用取引はどのような違いがあるのでしょうか。先物取引は基本をしっかり学んでルールを厳守すれば投資初心者さんも利益を上げることが可能な投資方法です。ここでは先物取引の特徴、各先物取引との違いなどを詳しくご紹介します。

先物取引の特徴的な投資方法・
他の投資方法と何が違う?

先物取引とは

先物取引とは特定の商品(主に日経平均株価、TOPIXなど)を、あらかじめ決められた日に、今の時点で決めた価格で取引をします。
日経平均株価を使う先物取引を日経225先物といい、TOPIXを使う先物取引をTOPIX先物といいます。
その他にも東証1部上場している全ての株価を元に算出される指数を使う東証REITなどがあります。

先物取引の特徴~売りと買いの差額で利益を得ます

先物取引を行うときは株価取引のように約定してから代金を支払うことはありません(手数料はかかります)。
証拠金を元に売買の契約を行います。
これを建玉を持つといいます。
その反対の売買を行うときは建玉を決済するといいます。
購入したときの価格より売買したときの価格が上回っていた場合は差額利益が発生し受け取ることができます。
このときにはじめて金銭によるやり取りが生まれます(差金決済といいます)。

先物取引の特徴~証拠金を使って売買します

先物取引は取引をする全額を用意する必要がありません。
一定の資金(証拠金)を担保として入れることで取引が可能です。
取引に必要な証拠金は定期的に見直されており、相場の変動が大きくなると証拠金が多く必要になり、相場が安定すると少なくなる傾向があります。
1枚あたりに必要な証拠金は各証券会社のホームページで随時公開されています。

先物取引の特徴~取引が可能な期限があります

先物取引はでは銘柄ごとに取引が可能な期限が決められています。
この制度を限月といいます。
限月は日経225先物、日経225ミニ、日経225オプションでそれぞれ異なります。
通常は3の倍数月で最終取引日がもっと近い限月(期近といいます)が出来高が最も多い傾向があります。
出来高が多い限月で取引ができると適正価格での注文が成立しやすく、出来高の少ない限月では希望価格での取引がしにくい傾向があります。
なお限月は各証券会社のホームページで確認が可能です。

商品先物取引と金融先物取引きの違い

先物取引には大豆やとうもろこしのように商品があるものを取引することを商品先物取引と呼び、金利や株価指数などの金融のものを取引することを金融先物取引といいます。
どちらも同じように将来値上がりしても値下がりしても利益を出すことが可能です。
日経225先物は主に金融のプロが取引をしていましたが、現在は投資資金が少なくても参加できる日経225ミニが発売されていて、投資初心者の方も先物取引へのハードルが低くなっています。

先物取引は基本を学びリスクを減らして投資する

少ない資金で大きな取引ができる先物取引ですが、投資資金以上に損失が発生する可能性も忘れてはいけません。予想した相場が逆向きに動いてしまい、損失金額が証拠金以上の額になった場合に追加で証拠金を入れる必要がありますので、投資初心者さんは充分注意が必要です。先物取引の特徴と気をつけなければいけないポイントを必ず学び、リスクを最小限に押さえ利益を狙っていくというスタイルを守りましょう。まずは手持ち資金以上に大きな額を投入せず、先物取引に慣れていくことが大切です。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP