一般信用取引とは?投資用語を初心者向けに解説

一般信用取引とは【投資初心者でもよくわかる解説】

| 投資用語集
tag:

銀行から借金をして返済をしていくパターンに似ている

一般信用取引とは、投資家と証券会社の間で結ぶ契約のことで、信用を担保にお金を借りながら持っている資金以上のお金を動かして株式投資を行うことです。銘柄や取引期限などは証券会社によって決められます。
サービスやサービス内容も各証券会社よって大きな幅があります。金利や返済期限なども証券会社が独自に決めることができるため、金利については制度信用取引よりも数%高くなる傾向があります。
証券会社自身が株式や資金を調達してきて、顧客に株式の貸付、融資を行いますので、銀行から借金をして返済していく感覚に近いです。
特徴としては、制度信用取引では信用取引ができなかった銘柄でも取引が可能になりますので、投資できる選択肢が広がります。また、新規上場銘柄も上場初日から買建が可能です(規制以外)。一般信用取引のメリットは逆日歩がかからず、コストが増える心配がありません。
株主優待のメリットを狙って株取引をしている方は、リスクを回避できる一般信用取引でツナギ売りをしていくケースが多いようです。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP