堅実に資産を増やしたい人必見!金投資の基礎とは

金投資とは|金投資の特徴とメリット・デメリットとは

| 投資用語集

金(純金)は、金そのものが資産となる実物資産です。株式や債券は価値の暴落によって紙くず同然になることがありますが、金は価値がゼロにはなりません。またインフレに強く通貨不安やテロなどが起こると価格が上がるのも金の特性といえます。金投資は株式、不動産、FXなどの投資と併用することで安定した資産運用が可能です。金投資の特徴、メリット、デメリットをよく知り、上手に資産を守り、増やしていきましょう。

金投資のメリット、デメリットを知りつくせ!
金投資のキホン

金投資はどんな投資

金に投資をする前に知っておきたいことは、金自体が利益を生みだすわけではないということです。
株式投資のように企業業績や株価変動によって付加価値が変化する株式のような投資ではありません。
金投資を有効に活用するには株式投資のように長期分散するよりも、「安いときに購入して、高いときに売る」というスタイルが向いています。
もちろん資産として長期保有することも可能ですが、積極的に利益を得るなら前者のスタイルが金投資には必要になります。

金投資の特徴とは

金投資の特徴は、その性質から金の価格が急落する可能性が少ないため、安定性が高いことが挙げられます。
不動産投資と異なり、保有しているだけでは税金がかかりません。
換金性も高く日本国内のみならず、世界中で現金に換金することができます。
また世界経済が不安定な時や有事が起こった時に価値が上がる傾向があります。
金は限りある資源のため将来的に需要が高まる可能性もあります。

金投資の種類

金投資にはさまざまな種類があり、低リスクで始められる純金積立、株取引に近い金ETF、値動きがやや激しい投資信託、100万円ほどの資金があれば有利な金地金、数十万円から始めるのによい地金型金貨、リスクは高いがハイリターンが期待できる金CFDなどがあります。
金投資は初めてという方は純金積立で毎月一定額を積立てていく金投資がおすすめです。証券会社、金取引会社によって異なりますが、毎月1,000円ほどから購入が可能です。

金投資の取引方法

金投資の取引は世界各国、24時間行われています。
日本での金取引方法はグラム当たりの円建てで行われています。
毎日価格が変動しますので、「安いときに購入して、高いときに売る」ことで利益を得ていきます。
金価格の上下で売買益を大きく狙うには、リスクを伴いますが金先物取引などレバレッジを効かせていくことも可能です。

金投資のメリット

金投資をするメリットは金そのものに価値があるため、株式投資のように企業破綻などで株式の価値が紙くず同然になるようなことがありません。
金の売買利益を狙って短期で売買することも、資産の一つとして長期保有していくことも可能です。
ライフスタイルに合わせて保有方法を組み合わせることができるのも金投資のメリットです。またインフレに強く、戦争、有事、世界経済の変動時に価値が上がる傾向があります。
世界中で換金することができることも大きなメリットの一つです。

金投資のデメリット

金は、それ自体に価値がありますが、金そのものを何かに利用するということがないため、株式や投資信託のように配当や利息などが発生しません。
金の価値が上がるタイミングをじっくりと待つというスタイルになります。
購入時期、価格にもよりますが金価格は変動がありますので、元本割れの可能性もあります。
スプレッドによる価格差が発生するのも特徴で、売買を同じタイミングで行うと損をしてしまいます。
また金取引会社により年会費や購入手数料が別途かかります。

金投資初心者さんは金投資の基本を事前にしっかり学ぼう!

金投資は初心者さんでもローリスクでできる投資方法です。ローリスクとはいえ絶対に損をしないということはありません。購入時よりも価値が下がれば損をし、上がれば利益を得ることができます。金投資のメリットである世界経済が不安定なときに価値が上がりやすいという特徴を活かし、じっくりと保有して売買チャンスを待ったり、第二の資産として長期保有することも可能です。金投資のメリット、デメリットをしっかり学んで上手に売買しましょう。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP