国債のキホン~国債は投資としては有効なのでしょうか

国債について|投資として国債は有効?他とどう違う?

| 投資用語集

国債とは日本国が発行する債券のことで「お金を貸していますよ」という借用証書でもあります。国債の最大のメリットでもある安全性は、株取引やFXにはない特徴です。大きな利益を得ることは難しいですが、満期日の元本保証と利子の支払いについては日本政府が責任を持ってくれます。ここでは投資としての国債の魅力、メリット、株取引、FXとの違いなどについて詳しく解説します。低リスクで運用が可能な国債は投資として有効なのかどうか、しっかり見極めましょう。

安全性バツグンの国債は
投資として魅力的なのでしょうか

国債とはなに

国債とは国庫債券の略称で、日本国が発行する債券のことです。
国庫は日本国のお金が保管されている場所という意味合いから、現金などの金融資産だけでなく、有価証券、不動産、現物資産も含まれています。
債券は借金のことで、国や地方公共団体、国際機関などが資金調達のために借金をした際に発行する借用書のことです。
国債を買うことは国の借金の申し出を受けてお金を貸すということなのです。
お金を貸した以上、貸付期間は利息が支払われます。通常の国債は年2回利息が支払われます。

株式投資と国債への投資の違い

まず株式投資と国債への投資は全く異なるものと認識しておきましょう。
株式投資は企業の株を購入して売買利益や配当、株主優待を受けるものです。
企業の価値や信用が上がれば株価も上がりキャピタルゲイン得ることが可能です。
将来の収益に期待して差益を受け取る権利を購入しているということにもなります。
一方債券への投資は貸したお金に対する借用証書で、日本にお金を貸していますよという証明書を所有していることです。
貸しているお金は時期がくれば利子をつけて返ってきます。
債券を購入した時点でどのくらいの利子がつくのか、いつ返済されるのかが確定しています。

投資信託と国債への投資の違い

投資信託は投資先によりリスクとリターンの振れ幅が大きく変わります。
株式投資や新興国へ投資をする場合は企業の業績や国の経済状況などにより値動きが劇的に変化することもあります。
逆に大きなリターンを得る可能性もありますので、投資信託へ投資するには事前にリサーチや投資への判断力などを養う必要があります。
国債への投資は銀行の定期預金に近いものと考えてよいでしょう。
ゼロではありませんが元本割れがなく、利子の金額や貸付期間が決まっているため、予定が立てやすいのも特徴です。
なおどちらも少額の資金から始めることが可能です。

国債と株式はどちらがいい

国債と株式はそれぞれ投資の特性があります。
国債は元本保証型で利率が低い代わりに安定した利益が見込めます。
一方株式は流動型で配当利回りや株主優待は株によって異なり、値動きに左右されるため安定した利益を狙うのは難しいですが、企業の成長や市場の需要供給バランスにより大きな利益も見込めます。
こうした特性を理解した上で国債と株式を選ぶのがいいでしょう。

国債へ投資するときのポイント

国債へ投資する場合は日本国への信用度、リスクを見極める必要があります。
個人向け国債には金利が半年ごとに見直される変動10年と、満期まで金利が一定の固定5年、3年の3種類があります。
どのタイプを選べばいいのかは市場の金利状況で判断するしかありません。
また個人向け国債を中途解約する場合には解約手数料がかかります。
金利の上下動により保有し続けるかどうかを冷静に見極める目と知識をしっかり蓄えておきましょう。

国債は安定した運用と元本保証が一番のメリット

購入時よりも高い価格で売って売却益得られる新窓販国債や、利息のみの利益で元本が保証される個人向け国債など、国債は投資初心者さんも買いやすいものが出ています。銀行、証券会社で購入でき、分散資産としての投資にも向いています。1万円ほどから購入できリスクが低い国債は国が破綻しない限り利息や元本を確実に受け取れます。専用口座の開設や、口座の維持手数料は無料なので、投資初心者さんの最初の投資としてもおすすめです。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP