投資初心者さんだからこそ分かる!Fx解説講座

Fxってなに?投資初心者でも理解できるわかりやすい解説

| 投資用語集

FXとはざっくり言えば、今の円の価格がこれから上がるのか、下がるのかを予測する取引のことで、外国の通貨を売買して利益を得るのが目的です。また金利差(スワップポイント)で利益を得ることもできるのもFXの大きな特徴。投資初心者さんも少額から始められて、スマホやパソコンで簡単に取引をすることもできます。ここではFXならではの仕組み、利益の出し方、メリット、デメリットを紹介していきます。

投資初心者の主婦でもできる!
FXの仕組みと取引方法とは

FXってなに

FXとは、「外国の通貨を売買して、利益を得る取引」のことです。
通貨の売買を通して利益を得るとは、ドルを1万通貨分購入して、購入時に100円だった円が101円になったとします。
101円で売ったとすると、たったそれだけで1万円のプラスになります。
FXの利益は為替変動によって生まれるので、少ない資金や小さな値動きで大きな利益を得ることができるのです。

FXの仕組みとは

FXで利益を得る仕組みはいくつかありますが、その一つが為替差益を狙って稼ぐことです。
FXでは外貨を購入する場合は購入時よりも円安になったときに売り、得られた為替差益でさらに投資して利益を増やしていくことでチャンスが広がります。
基本は「安く買って高く売り、高く売って安く買う」こと。
株式も同じことですが、株式相場ほど大きな値動きが無くても利益を得ることが可能なのです。
売買はタイミングが勝負とも言えますが、慣れていけば投資初心者さんも簡単に取引ができるようになります。

FXの特徴とは

FXの一番大きな特徴は、少ない資金で大きな取引が可能ということです。
FXではレバレッジを利用して少ない資金を元手に何倍もの金額を取引することができます。
また為替差益だけでなく、通貨の金利差(スワップポイント)でも利益を得ることができます。
例えば、低金利通貨を売って、高金利通貨を購入すればスワップポイントを得ることができます。
また、売りから取引もでき円高傾向時も利益を得られるチャンスがあり、24時間取引をすることもできます。

FXのメリット

FXの大きなメリットはレバレッジをかけられることです。
レバレッジとはてこの原理のことで、資金が少なくてもそれを担保に、大きなお金を投資することが可能です。
個人でかけられるレバレッジは現在25倍までですが、例えば投資資金が4万円だとしてもレバレッジをかけて100万円までのお金が動かせるのです。
現金で100万円用意する必要はありません。
FXが証拠金取引だからこそできる最大のメリットともいえるでしょう。

FXのデメリット

どんな取引にもリスクやデメリットがあります。
FXのデメリットはレバレッジによる損失の可能性があるということです。
レバレッジをかけられることはFXのメリットでもありますが、金利変動、為替変動による損失金が発生した際にレバレッジを大きくかけていると、証拠金以上の金額を支払わなくてはいけないケースが出てくることがあります。
またFX会社により約定能力に差があることも否定できません。
取引量が少ない通貨は約定しにくいことも知られています。

FXと株取引の違いとは

FXは為替に投資をして変動利益を稼いでいきます。
株取引は企業自体に投資をしていくことから、FXは世界を相手に取引をしているという感覚に近いでしょう。
またレバレッジをかけられることから少ない資金でも大きく稼ぐことができるのも魅力の一つです。
株取引では株価が大きく変動する可能性があることから、銘柄によってはハイリスク・ハイリターンになる場合もあります。
取引時間についてもFXは24時間売買が可能で、株取引は基本的に9時~11:30、12:30~15:00が取引時間になります(例外としてPTSという取引所金融商品市場外取引もあります)。

FXはメリット、デメリットを理解してから始めよう!

FXはあくまでも投資の一つです。為替変動、金利変動リスクを充分考慮する必要がありますが、FXの大きな特徴であるレバレッジを使い、少ない資金で大きな利益を得ることもできます。利益を着実に得るためには、FXのメリットやデメリットをしっかりと理解した上で、余剰資金を使い相場に慣れることから始めてみてはいかがでしょうか。FXのメリットを最大限に引き出し、相場に応じて臨機応変に対応できるようになることがポイントです。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP