投資初心者さん必見!はじめての投資信託について

投資信託とは|投資信託のメリットとデメリット・特徴とは

| 投資用語集

投資信託は投資家からお金を集め、経験豊かな投資のプロがまとめてさまざまな金融商品に分散投資をするものです。投資信託は少額の資金から購入ができ、分散投資をすることでリスクを減らすこともできます。また投資の対象や運用の方法によっていろいろなタイプの商品を選ぶことも可能ですが、元本は保証されていません。ここでは投資信託を始める際のメリット、デメリット、その特徴などを詳しく解説します。

投資初心者さんが知りたい
投資信託のメリット&デメリット

投資信託とは

投資信託とは全世界で流通している株式、債券の中から金融のプロに投資をお願いすることです。
いつ、どの金融商品を、どのくらいの量購入するのかを専門家に一任して購入してもらうのです。
プロが運用してくれますので、運用方針に従って投資判断から取引までを投資家に代行して行ってくれます。
運用した結果利益が得られれば分配金として投資家に還元されます。

投資信託のメリット

投資信託は少額の資金から始めることができます。
また投資はプロのファンドマネージャーが運用しますので、時間と知識が必要な取引を自分で行う必要がありません。
また一つの銘柄に投資することなく複数の銘柄に投資をすることが投資信託の特徴でもありますので、リスクの分散にも役立ちます。
個人では投資をしにくい国や地域、株式、不動産、債券への投資も可能です。

投資信託のデメリット

投資信託は運用をファンドマネージャーに委託するため、運用してくれる人に対する費用を負担する必要があります。
費用には販売買付手数料、ファンドの管理費、信託財産留保額などがあります。
また元本保証がなく、運用実績が上がらず購入時より値下がりした場合は売却額が下回る可能性があります。

投資信託の種類

投資信託にはさまざまな種類があります。
それぞれの種類によってリスクや手数料なども異なり、税率も変わってきます。
まず投資対象で分類していきます。
大きくは「公社債投資信託」と「株式投資信託」にでき、その中からさらに投資対象が分かれていきます。
公社債投資信託は、「中期国債ファンド」「MRF」「MMF」などの商品があります。
株式投資信託はファンドの中に株式を組み込むことができます。
また、オープン型、クローズ型と投資期間や投資時期によって応募することができるもの、募集期間が限られるものに分かれます。

投資信託はどこで購入するの

投資信託は証券会社や銀行の窓口で直接購入することができます。
一部の投資信託は株式投資と同様に証券取引所でも売買されています。
ETF、海外ETF、REIT、ETNなどが証券会社で購入できるタイプの投資信託です。
例えばETFは株式投資の売買手数料とほぼ同額で購入が可能です。
日経平均株価やTOPIXといった株価指数に投資をしたい場合は、日経平均であれば10万円くらいから投資が可能です。
また取引価格がリアルタイムで反映され当日のうちに売買することもできます。

投資信託の選び方

投資信託は株式投資やFXと投資方法が全く異なります。
投資信託を運用する資産は大きく分けて株式、債券、REITの3つあります。
その他、これらを組み合わせてリスクを少なくするバランス型もあります。
どのファンドを選択するかは投資できる資金、負えるリスク範囲などを考慮し判断しましょう。
また手数料ができるだけ安い銀行や証券会社を選ぶこともポイントです。
かかる費用は販売手数料、信託報酬、信託財産留保額です。
一定の資産を持っていてファンドの分配収入で利益を得たい型は毎月分配型、分配された利益を再投資してさらなる利益を増やしたい方は資産成長型ファンドがあります。

投資信託はメリット、デメリットを理解してから投資しよう

投資信託はプロのファンドマネージャーが運用しますので、個人では買いにくい国の国債、株式、不動産に投資をすることができます。本来あるべき資産運用方法とは保有している資産を分散してリスクヘッジをし運用していくものです。その点では投資信託は複数の金融商品に分散して投資をしていくので、メリットも大きいといえます。反面資産が減るリスクや株取引、現物取引と比較して手数料が割高になるというデメリットもありますから、総合的に判断して投資をしていくといいでしょう。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP