投資を始めてみたい~初心者さんのための日経225解説

日経225とは|日経225が簡単に理解できる初心者用解説

| 投資用語集

日経225は日経平均株価の未来の株価を予測して取引して利益を目指すものです。株取引と異なるのは証拠金を入れることで大きく利益を得る可能性があることです。ここでは証拠金だけでも取引が可能な日経225の取引方法や、日経225について、日経225と日経225ミニの違い、日経225の魅力、日経225miniとFX、株の違いなどを解説します。投資初心者さんは用語や意味をよく理解してから取り組んでみてくださいね。

初心者さんでもデキる!
始めての日経225スタートガイド

日経225とは

日経225とは先物取引のひとつで、日経225mini(ミニ)と日経225先物(ラージ)があります。
先物取引とは予約取引のことで、「未来の、ある時点で売買を行うことを約束する取引」です。
日本を代表する225種類の株式銘柄を平均した株価指数で売買しますが、日経225は「技術」「金融」「消費」「素材」「資本財・その他」「運輸・公共」の6つの業種からバランスを考えられて構成されています。
なので現在の日本国内の産業や経済力を的確に読み取ることも可能です。

日経225と日経225ミニの違い

日経225mini(ミニ)と日経225先物(ラージ)の大きな違いは取引金額の差にあります。日経225miniの1単位の取引金額は日経平均株価の100倍、日経225先物は1000倍になります。日経225は証拠金を入れて取引を行いますので、少ない資金で取引をすることが可能です。
また日経225の値段変動の最小値はminiで5円、ラージで10円ですので、最小単位の値動きでも値上がり益を狙うことができます。

日経225の取引方法

日経225の取引方法はとてもシンプルで「安値時に買って、高値時に買い戻す」の繰り返しで売買差益を得ていきます。
日経225の場合は「売り」から始めることができます。
例えば「相場が下落する」と予想されるときは「売り」から始めて売買差益を得ることも可能です。
取引前には証拠金と入金しておく必要があります。
まず先物・オプション口座に証拠金を振替入金しておきます。
相場が大きく動いたときに追って購入するために多めに証拠金を用意しておくといいでしょう。

日経225の魅力

日経225は日本国内の代表的な225種の株式銘柄を平均した指数で取引を行うため、日本経済の流れ、動き、トレンドをいち早く掴むことができます。
証拠金を入れることにより、日経225miniは日経平均株価の100倍、日経225先物は1000倍の価格の取引が可能なことも魅力のひとつです。
また取引に制限があることで短期間に大きな利益を狙うこともできます。
通常の株取引と異なり、買いからだけでなく売りからスタートができるのも大きな魅力です。ナイトセッションと呼ばれる夜間も取引もできます。

日経225miniとFX、株の違いは

日経225miniとFXの一番大きな違いは投資をする対象にあります。
FXは外国為替が投資の対象ですが、日経225miniは日経平均株価が投資の対象です。
FXの場合は複数の通貨から2つの通貨を選び差益を得ていく取引を行いますが、日経225miniは日経平均株価のみの価格変動を予想する取引です。
また株との違いは、投資対象を数多くの銘柄の中から選ぶことができる株式投資に対して、1銘柄のみの投資対象になるのが日経225miniです。

日経平均株価で取引をする日経225にチャレンジ!

日経225や日経225miniは証拠金を使って取引ができるため、少ない投資で大きな取引が可能です。初心者さんは日経225miniなら日経平均の100倍までの取引ができます。株式投資は100万円の取引をするためには100万円以上の資金が必要なことを考えると、かなり手軽に取り組むことができます。最近は証券口座開設、維持費が無料の会社がたくさんあります。ぜひ日経平均株価1銘柄でシンプルな投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP