NISAを始める前に知っておきたいポイントと注意点とは

少額投資非課税制度NISA入門!おすすめポイントと注意点とは

| 投資用語集

NISA(ニーサ)という言葉はニュースなどでもよく取り上げられているので、なんとなく聞いたことがあると思いますが、具体的な仕組みについてはよくわからない方が多いのではないでしょうか。これから投資を始めたい方、資産を効率よく運用していきたい方ならNISAを知っておいたほうがいいでしょう。今回は少額投資非課税制度・NISAを始めるにあたっておすすめポイントや注意点を解説していきます。

NISA(ニーサ)とはどんな制度なの?

ざっくりいうと「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。
株や投資信託によって出来た利益には通常20%(+復興特別所得税0.315%)の税金がかかりますが、NISAを使えば投資の利益にかかる税金がかかりません(※一定の条件付き)。
例えば投資で10万円の利益が発生した場合、通常は10万円の利益から20%の税金が引かれてしまい、実際に手元に残る利益は8万円ですが、NISAを使うと10万円の利益をそのまま受け取ることができます。
これはとても大きいですよね。

2016年1月からは毎年120万円までの非課税投資枠が設定されました。
非課税期間はそれぞれ5年間です。
ただし株を保有している途中で売却した場合は非課税枠を使ったということになり、再度利用することができなくなります。
また、非課税枠を使った投資総額は最大で600万円までになり、それ以上の投資金額は非課税の対象にはならないので注意が必要です。

NISAの仕組みを一番有効的に使うには、長期投資向けの株式や投資信託を選ぶのがいいと思います。
長期保有をして5年間の非課税期間枠をきっちり使い、その間保有株価が上がっていれば5年目で一度株を売却して、新しく非課税枠で株を買い戻すという選択ができます(ここから5年間は非課税の状態になります)。
資産売却後に非課税枠を再利用できないため、ここは慎重に考える必要があるでしょう。

NISA(ニーサ)を使うメリット

NISAを使用した投資信託や株の売買方法は、通常の株取引と変わりませんが、ルールが少しややこしくなります。
ただ非課税枠が120万円あることはとても大きなメリットで、これがあるだけでも充分恩恵を受けられます。
せっかく得た売却利益や配当金にかかる税金が非課税になるので、このメリットを最大限に生かす方法で運用をしていくことがポイントです。

NISAのメリットである、売却益と配当金にかかる税金が非課税になる仕組みを生かすには、配当金狙いであれば配当利回りが高い銘柄に投資をしたり、売却益で恩恵を受けるのであれば、今後成長すると思われる銘柄や、大きな上昇が期待できる銘柄に投資するというスタンスがメリットを活かせる投資方法の一つです。
または暴落してしまった割安株を購入しておき、値上がりをじっくりと待つというスタイルもありますが、非課税枠を使えないまま値上がりもせずという結果になる可能性も考えられます。

株式投資だけでなく、投資信託に投資した場合も同じような考えが当てはまります。
換金した場合に売却益を得たり、成績に応じた分配金の配当を受けることができます。
NISAでは分配金の利益、換金した際の売却益にも税金がかかりません。

NISAのおすすめポイントと注意点とは

例えばNISAを使って100万円分の株を購入したとします。
5年後にその株価が2倍になれば保有資産は200万円です。
ここで売却すれば利益は100万円ですが通常は100万円に20%の税金がかかります(20万円の税金が利益から引かれます)。
しかしNISAの仕組みを利用すればこの税金がゼロになります。
20万円分得をするということです。
NISAのおすすめポイントはこの一点に尽きるといっても過言ではありません。

ただしNISAの仕組みを利用したことによるデメリットも少なからずあります。
それはNISA口座での取引で売却損益が出てしまったときです。
株式の売買はNISA口座以外でも特定口座、一般口座での取引がもちろん可能です。
特定口座は複数の証券会社で開設することができます。
1つの証券会社で損益が出てしまっても、もう一方の証券会社で利益が発生すれば差額の利益のみに税金がかかるだけですが、NISA口座は損益がでても特定口座や一般口座と損益通算ができません。
ここは注意したいポイントです。

また特定口座や一般口座では1年間の取引で売却損益がでても税金は一切かからず、損益を確定申告すればその後3年間は株取引の利益と相殺できる繰越控除が可能です。
しかしNISA口座を使用した場合の損益は繰越控除ができないため、NISAのメリットである非課税枠の恩恵を受けることができません。
そのため、短期保有で売買を繰り返す投資手法はあまり向いていないといえます。

NISAの仕組みをかしこく使うなら長期保有がポイント

NISAを使えるのは新規の株取引をする場合に限られるため、手持ちの株式や投資信託をNISA口座へ移動させることはできません。また一度使ったNISA枠の再利用もできないため、保有中に売却してしまうとその非課税枠は使えなくなってしまいます。NISAの仕組みをかしこく使うなら値上がりしそうな銘柄を吟味し、長期保有してじっくり増やすのがおすすめです。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP