オーバーアロットメントとは?投資用語を初心者向けに解説

オーバーアロットメントとは【投資初心者でもよくわかる解説】

| 投資用語集
tag:

IPOによる株価や
需給バランスの乱れを防ぐ「冷やし玉」

オーバーアロットメントとは、新株発行時や買取引受で想定した募集や売出し以上の需要があった場合に、証券会社が発行会社などの大株主から一時的に株券を借りて売り出す株のことをいいます。
これは株式公開によって起こる需要と供給のバランスを保つために導入された制度です。主に株価の急騰を防ぐ効果が期待されています。証券会社は発行会社の株主から借りた株を返却する必要があり、返却のために株式を用意する方法がグリーンシューオプションとシンジケートカバー取引の2種類です。
グリーンシューオプションは証券会社は発行会社の株主から引受価格と同じ条件で追加の株式を取得します。その際には取得する権利を証券会社からもらう必要があります。シンジケートカバーは上場された市場から株式を取得する方法です。オーバーアロットメントの株数の上限は、予定される新株発行と買取引受で売り出される額の15%以内に限られています。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP