日本国内の不動産と外国の不動産はどう違うの?

外国の不動産投資って?日本国内の不動産投資と違うの?

| 投資用語集

外国の不動産投資は日本の不動産にないメリットがあります。不動産のキャピタルゲイン、インカムゲインを得ることもさながら、節税対策としても有効です。人工減少が続く日本よりもこれから成長期を迎える新興国の不動産投資は、資産運用にも充分有効的ともいえます。ここでは外国の不動産投資の特徴、外国の不動産投資をするメリットなどを詳しく紹介します。グローバルな視点で外国の不動産投資も視野に入れてみてください。

外国の不動産投資VS日本の不動産投資どちらを選ぶ?

外国の不動産投資の特徴

近年、外国の不動産投資に注目が集まっています。
外国の不動産投資の特徴は、物価上昇を続けているアジア各国では将来不動産が値上がりすることを期待してキャピタルゲインを、賃貸の需要が高い地域で賃貸料を得ることを期待するインカムゲインを狙うことができます。
治安やインフラ整備がされているかどうかなど条件にもよりますが、首都一等地のマンションが格安で購入できたり、日本の不動産ではなかなか見つけられない高利回りの物件も所有することが可能です。

日本の不動産との違い

外国の不動産を購入する場合、自己資金を3割ほど用意すれば、観光ビザで入国しても地元の銀行などで融資を受けることが可能です。
また利回り率が低く借り入れ金利が高いのですが、インフレ率が日本以上に高いため、不動産は所持しているだけでインフレ率以上に値上がりするという考え方が根強いています。
そのため借り入れ金利が高くても購入する人がいるのです。
海外の不動産を購入した場合、日本で不動産を購入時と同様に渡航費用、備品消耗品費、減価償却費などを経費として計上することができますが、現地での税務申告も必要になります。

外国の不動産VS日本の不動産、どちらが得か

今や不動産投資の場は日本国内に限りません。
日本は長期的に見ると確実に人口減少傾向にあり、超高齢化社会へ突入していることもあり、不動産価格の上昇はあまり期待できません。
一方海外の新興国はこれから高度経済成長を迎えることもあり、かつての日本のような不動産価格の上昇が充分期待できます。
ただ日本の不動産の利回りの高さは外国の不動産の比にならないくらい高いため、東京都内であれば国内不動産のほうが有利です。
インカムゲインを狙うか、キャピタルゲインを狙うかにより戦略が異なりますが、不動産売買の利益を得られるキャピタルゲインを狙うのであれば海外不動産に軍配が上がります。

外国の不動産投資をするメリット

不動産投資で利益を得る方法は家賃収入益か物件売買差益です。
海外不動産の場合は不動産の値上がりにより利益を得られるキャピタルゲインを狙えます。
金利が高いため物件や管理会社選びを間違えなければ家賃収入を得るインカムゲインも魅力的です。
節税効果も高く、所有する不動産で生じる利益や経費を国内で所得税申告できます。
また多くの国では投資家ビザの制度があり、一定の投資をすると永住権を取得することもできます。
世界情勢の不安定さによる日本円の下落のリスク対策として外貨を利用した資産運用として使えることは、海外の不動産投資のメリットともいえます。

外国の不動産投資は将来性に期待して投資する

外国の不動産投資はプロの不動産投資家も注目している投資方法です。日本国内では少子高齢化で人口減少が著しく、今後不動産への投資機会が減っていくと考えられていますが、新興国では人口増加がめざましく、日本の高度経済成長のような旺盛な需要が見込まれています。為替リスクや国の安定性を見極めて、投資していく国や不動産を選択していくことと、信頼できる現地の不動産会社とコミュニケーションを取っていくことで、よりよい外国の不動産に投資をすることが可能です。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP