株主価値とは?投資用語を初心者向けに解説

株主価値とは【投資初心者でもよくわかる解説】

| 投資用語集
tag:

企業の事業価値から借入金などの負債価値を引いたもの

株主価値(株主持分、自己資本、Equity)とは、企業の事業価値から借入金などの負債価値(債権者持分、他人資本、有利子負債、Debtなど)を引いたものをいいます。
一般的には上場企業の時価総額のことをいいますが、株主資本は「企業価値-負債価値=株主価値」の計算式で表すことができます。
企業価値の増減は株主価値と密接な関係があり、企業価値が増加すれば株主価値も増加し、企業価値が減少すれば株主価値も減少します。株主価値を向上させるには、フリーキャッシュフローを素早く大きく生み出す、割引率を下げて利益を上げる、売掛金や在庫を圧縮する、税の優遇措置を利用する、投資の効率化をアップさせるなど、企業としてコントロール可能なことはあります。
また、事業にあまり関係のない資産を売却してキャッシュに換えたり、借入金や社債を返済したり、株主への配当や自社株買いをするなどの方向性もあります。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP