円安とは?投資用語を初心者向けに解説

円安とは【投資初心者でもよくわかる解説】

| 投資用語集
tag:

円の価値が下がると
輸入はマイナス、輸出はプラスになる

円高とは、1円で交換できる他国の通貨単位が少ない状態をいいます。本日、1ドルが100円だったものが翌日、1ドル120円になることです。
今日は100円で購入できたものが、明日は120円出さなければ買えませんが、円高とは逆に輸出産業にとってプラスの面が大きく出てきます。
円安によって日本から輸出をした商品が海外で安く販売することができます。そのため輸出をした日本製品がより売れ、海外製品との競争力もアップします。
また海外での企業業績が上昇すれば、輸出産業が盛んな日本企業の業績もよくなり、景気が上向きになります。株価の上昇にもつながると考えられています。
円安の場合は外貨投資(FXや外貨預金など)をしていると利益を出しやすくなります。円高のデメリットは原材料の調達を輸入に頼る企業の業績悪化、海外旅行の減少、ブランド品の価格上昇などが懸念されることです。円高になる要因は、日本の金利が下がる、ドルの金利が上がる、アメリカの景気が上向く、株価が上昇するなどが考えられます。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP