口ぐせ理論の日常での生かし方について

口ぐせ理論の日常での生かし方 |野口健幸による解説

| インフォメーション

口ぐせ理論はわかったけど日常でどう生かせばいいの?という声をよく聞きます。 このページでは最も簡単な『口ぐせ理論の実践の仕方』を紹介しています。 まずはご覧になっていただき、実践していただければと思います。

口ぐせ理論は使うのが難しい?

『人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる』を出版してよく聞かれるのが、口ぐせは分かるんだけど、実際に使うのが難しい、というご意見です。
今まで口ぐせに関する本はありますが、確か普段言っていることを口ぐせにするなんて、難しいことでもあります。
そこで、いつも提案しているのが、「ありがとう」と言いながら歩くということです。これだったらカンタンにできると思います。
 
むしろ、たったそれだけでいいの?という反応の方が多いです。
答えは「それだけでいい」です。
これは私だけでなく、私が教えた人はたいてい効果があったと言っています。
口ぐせができない人でも、ありがとうと言いながら歩くだけでいい、という効果を体験した人は多いです。
 
これは、私野口だけでなく先輩たちから伝えられているから、皆さんにも自信をもってお薦めできます。
大切な習慣なので、私の著書『人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる』にも書いています。
 
>著書『人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる』について
 
私もこの言葉を聞いたとき、そんなことはない、と思いました。
普通に考えて単純すぎるので唖然としたものです。

 

日常のフレーズを『ありがとう』に変えるだけ

しかし口ぐせ理論にある深い理論を紐解いていくと、結局は口ぐせにすることが良いということなのです。
そして「ありがとう」の効用はかなり高いです。歩かなくても「ありがとう」というだけで人生好転してきます。
この言葉を使うタイミングがないという方は、実は普段、すみ/wp/wp-admin/post.php?post=694&action=editません、と言っている人が多いです。
お気持ちはわかりますが、すみませんと言っていたフレーズをありがとうに変えてみてください。
それだけで違った気になります。
 
次に、歩く行為ですが、普段電車で行く場所を歩いていく、電車一駅ぐらいなら歩く習慣を持つということです。
私は普段は銀座にいますが、地下鉄に乗ることを少し控えると、東京は意外と歩けます。
東京駅から銀座までは地下鉄を使うより歩いて行った方が快適な場合が多いです。時間もそんなに違いはありません。
 
歩くこととありがとうと言うことの両方を行えたら、それだけで効果的です。
是非、皆さんも日常生活に取り入れてください。

 

口ぐせ理論に関連した記事はこちら

>口ぐせ理論®をわかりやすく解説します
>口ぐせ理論はなぜ投資に役立つのか
>口ぐせ理論を通じて幸福をつかんだ人のエピソード
 

口ぐせ理論の実践は『ありがとう』から

いかがだったでしょうか?口ぐせ理論の実践は決して難しいものではありません。まずは『すみません』を『ありがとう』に変えてみましょう。きっとあなたの人生は好転することでしょう。詳しくは著書『人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる』をご覧いただければと思います。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP