口ぐせ理論®をわかりやすく解説します

口ぐせ理論®をわかりやすく解説します|野口健幸

| インフォメーション

本サイト運営の一般社団法人日本FX教育機構の代表 野口健幸は口ぐせ理論®の提唱者である故佐藤富雄先生の最後の弟子です。このページでは野口による口ぐせ理論®の解説を行っています。口ぐせ理論®は習得することで投資においてさらに大きな成果を獲得できる可能性があるものです。本サイトをご覧の方はおそらく投資の初心者の方が多いと思いますので、ぜひご覧になってみてください。

口ぐせ理論®提唱者最後の弟子、野口による解説

理論の基本

口ぐせ理論®とは、「言葉を上手に使えれば一生ものの大きな財産となる」と、「人生は口ぐせでまるごと変えられる」(発行:秀和システム)に書かれている。
 
>「人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる。」の著者による解説
 
ごく簡単に言うと、3つの定理から成り立つ。第1定理は、言葉を使うことで脳で描いた状態にしていく。第2定理は、脳の特性を理解して言葉を作る。第3定理は普段は良い言葉を使う。の3つを基本として、それらを日常でつなげていくものが基本理論である。
口ぐせにする前提として、そもそも言葉の力が偉大であるとの認識の基、歴史上を見ても「言霊」と言われるくらい、長年使われている。
この理論の基本は、昭和50年頃に佐藤富雄氏によってまとめられた。佐藤富雄氏は宗教に深く、聖書や経典などほどんどの本を読破している。また、「引き寄せの法則」についての翻訳も行った。彼の影響を受けた人物は多いし、その後に脳科学、引き寄せの法則、催眠、脳をだます、言霊など、自己啓発に幾つかのブームを引き起こしている。
佐藤富雄氏の理屈は、言葉が大切であり、その教えは昔から言われているもので、実生活に比較的簡単に使えるように実践的にまとめ加工したことが特徴である。また、近年脳科学やホルモン研究が進んだことで、佐藤富雄氏は一定の科学的根拠を提示しているなど説得性を持たせている。具体的な成果としてはウオーキングとホルモンの分泌との関係性を提示したことがある。
 
佐藤富雄氏
1932年北見市出身。2012年没、享年80歳。
口ぐせ理論実践塾を主催。
東京農業大学を卒業、秋田大学の講師を務めた後、外資系企業に転職する。農学博士。
米国ユニオン大学健康科学研究所所長でもあるが、この大学は学校法人上の大学ではない。
 

口ぐせ理論®のその後

佐藤富雄氏は、NPO法人口ぐせ理論研究アカデミーを平成10年に設立し、口ぐせ理論実践塾を主催しながら、口ぐせ理論を普及させていた。しかし2012年に彼が他界した後に解散となる。
現在は、佐藤富雄の弟子達が集まって結成した、「夢をかなえる口ぐせの会」がある。
 

佐藤富雄氏への批判と考察

佐藤富雄氏は、ドクターと名乗っているが医学博士ではないとの批判がある。正式には佐藤富雄氏は農学博士である。彼はビジネスでホルモン研究を行っていたことに留まり、正式には医学博士でない。ただ批判の中には明らかに的を外れているものもある。例えば、医学的な根拠無しに主張しているとの批判がその代表的な例である。しかし医学の分野は、そもそも人間の体の筋肉はどのように動かしているのか科学的には分かっていないのが現状という段階なので、多くを求めても無理だと考える。科学的な根拠はそれぞれの専門家に任せておいて、口ぐせを実際に使うようにするというのが佐藤富雄氏の主眼であり、学術上の話でとの混同は誤解と考えられる。
繰り返しになるが、口ぐせ理論は、学問的に位置づけられたものではない。長年の経験から言われてていることで、特段、証明が必要とされない当たり前の事を述べているに過ぎないものの、それがあまりに普遍的なので、「理論」として言えるというものである。
 

商標登録について

佐藤富雄氏が商標を登録し、口ぐせ理論の認定講師を養成していたが、佐藤富雄氏の死去後、口ぐせ理論の商標は登録更新がされず、一時、口ぐせ理論の商標登録は失われた
佐藤富雄弟子の会の承認を得て、野口健幸が商標を登録し、商標は現在も彼が保有している。
野口健幸は、佐藤富雄の最後の弟子で、佐藤富雄から直伝で口ぐせ理論を伝授された弟子である。彼以外に直伝で口ぐせ理論を伝授された弟子はいない。また、野口は佐藤富雄の弟子の会となる「夢をかなえる口ぐせの会」のメンバーであり、同時に口ぐせ理論の普及活動も行っている。
 

口ぐせ理論に関連した記事はこちら

>口ぐせ理論の日常での生かし方
>口ぐせ理論はなぜ投資に役立つのか
>口ぐせ理論を通じて幸福をつかんだ人のエピソード
 

まとめ

いかがでしたか?すこし難しい内容になってしまいましたが、口ぐせ理論®が皆さんのお役に立てば幸いです。より詳しく理解するには関連書籍を読むとよいと思います。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP