日経225を始めるにはどの程度の資金が必要?【投資の必要資金】

日経225を始めるにはどの程度の資金が必要?【投資の必要資金】

| ライフステージに応じた投資法
tag:

日経225は、株投資の部類の中で、最高に高い難度の投資である一方で、必要な資金は意外と少ないという特徴をもっています。必要な資金を考える前に、日経225の仕組みから考えて、必要な資金を算出していきましょう。

日経225の仕組み

 

日経225は株と違って、かなり難易度が高い投資ですが、株をやった人は株に飽き足らず、もっと利回りが良い投資として、日経225に注目しがちです。本来、日経225は株投資のリスクヘッジとして存在していたものですが、今では株よりも利益を狙える投資として見られています。 日経225を解説すると、日本の株式市場の特徴は、日本を代表する主要225社の株式を見ればわかるのではないかとの判断から始まってきました。株価指標として日経平均がありますが、この日経平均を対象とする企業が225社あるので、日経225と表されています。どの日経225はどのように動くかと言うと、東商1部の銘柄を代表としているので、東京証券取引所第一部上場の銘柄を代表するような動きをしていると言われています。日経225を見れば、東証第一部の株価の動きが分かるとまで言われます。このような代表的な動きを、取引枚数の大きさの違いとしてラージとミニに分けています。

 

日経225のラージとミニ

 

日経225にはラージとミニの2種類があります。ミニは1枚5万円で、ラージは1枚50万円です。リスクヘッジとして使用することが多い先物取引です。枚数とかでてきてわからないかもしれませんが、自分が納める証拠金の金額の単位を枚数といいます。証拠金の金額はその時々によって、常に変化していますので、決まった値段はありませんが、だいたいミニだと1枚5万円以下だと思ってください。ラージはその10倍の1枚50万円以下です。ただ、これは株のように紙になっているわけではなく、実態としては存在しないので、説明が非常にわかりにくくなっております。証拠金を納めることで、レバレッジと言って自分がかけた金額の20倍のお金が動いていることになります。負けた時も、通常の株式の負けよりも20倍以上負けることになります。ミニは1枚5万円程度なので、ラージに比べるとミニの方が人気があるようです。 これは所持金によるものと思います。 少ないお金で高い利益が得られるという点で、日経225は魅力的な商品です。ミニだと10万円あれば、余裕で買えます。でも一方で大金を失う可能性がある投資です。このような投資はハイリターンハイリスクのある投資とみなされます。投資初心者は近づきたくない投資ですが、一方でリスクを最小限に抑えることができるなら、ハイリターンのみ得られる有効な投資先になります。初心者は信頼できる投資スクールに入るなど、練習することが必要です。安易に勝てる投資だと思ってはいけません。

 

まとめ

日経225は、少ない金額で高い利益を得られることができる魅力的な商品のように見えます。また10万円もあれば余裕で始めることができるので、株よりも金額的にはやりやすい投資です。その一方で元本以上に負ける可能性もあるので、難易度の高い投資と思われていますので、初心者は必ずスクールに入るなど、十分な練習をして挑戦してください。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP