金投資を始めるにはどの程度の資金が必要?【投資の必要資金】

金投資を始めるにはどの程度の資金が必要?【投資の必要資金】

| ライフステージに応じた投資法

最近、金は注目されるようになってきました。金投資を始めるための資金については、その用途や投資方法などがわかっていないと始めづらく、初心者にとっては敷居が高いようです。また、金を買う場合はネットで買うのではなく、実際にお店に行って買うので、最初に行くときはドキドキするという話もよく聞きます。そこで、今回は金について書いてみたいと思います。

金投資の特徴

金投資を始めるに、実際の金の値段が知りたい、けどハッキリと書いていない、という経験は誰にでもあるものです。何故なら、金の値段は動いているからです。毎日、動いております。これはFXや株と同じです。ですから、だいたいこの位の値段としか言えません。何故なら、金そのものの値段も動くし、為替の変動により変わってくる要素もあるなど、2種類の要素により変動するので、金の値段の変化は、初心者には読みにくいものです。このような中で、金投資にはどの程度の資金が必要かというと、大雑把で金の値段を把握していくことにします。では、皆さん、どのくらいの金を買われるのでしょうか。金でよくイメージでき、でてくるのは金の延べ棒です。金地金というような表示があります。金には、現物で買う金と、ファンドのような投資で実際に金をもたないで買う方法と、積み立てで少額ずつ買っていく金やファンドがあります。ここで、対象とするのは実際に金を持つ投資について話します。何故なら、ファンドは実物の金を持てないので、ファンドに分類するのが適切だからです。
 
話を戻すと、現物の金は5gから買えますが、何も知らなくて欲しいな~と思うのが、1㎏の金です。金の延べ棒と呼ばれています。では、いったいいくらなのかというと、かなり高いです。金1㎏はどのくらいの値段かと言うと、500万円だせばお釣りが出てきます。500万円以下だと思ってください。このような高額のお金は出せないので、100gとかの投資金額で買っていきます。でも、小さな塊の金の値段は、手数料が高いというのがあるので気を付けたいところです。でも、いきなり1㎏の金を買える人はそういないので、手数料を支払って金を買うのが一般的です。10%を超える金額が手数料として存在していると思ってください。手数料と消費税を合わせて20%が金以外にかかっています。このような感覚をもって購入する感じです。この手数料は高いなと感じる人はかなりいます。ですが、何故手数料を支払うのかというと、本当の金かどうかを証明するのに必要なもの、と思ってください。金は証明書がないと、本当に金かどうか見分けが付きません。ちょっと危ないところで購入はできません。偽物だったらいやですね。 金投資はこのように売買するのに手間がかかりますから、よほどのことが無いと売りません。少し値段が上がったからと言って金を手放すのは得策ではありません。一度買ったら、大きく値上がりするまで待つか、ずっともって持っておくようにしておきましょう。 金は100gの金を買っても50万円ほどしますので、100gの金を毎回買うのではなく、少額の資金を少しずつ積み立てて、金額がたまったところで、本当の金を買う投資方法もあります。いずれにせよ、金投資は一度買ったら、長期に所有するという投資法です。その場合、どういう現象が自分のところから起こるかというと、自分の手元にあった現金がそっくりなくなっていることになります。それも長期的になくなります。なので、金投資は長期的に余裕のある場合に行ってください。

 

まとめ

金投資は、長期的に資金に余裕がある場合に行う投資方法です。Fxや株とは本質的に違いますので、注意して投資を行ってください。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP