少額投資で株を楽しむ方法教えます

投資するお金が少なくても大丈夫!お小遣い感覚で始められる投資とは

| 副業や起業としての投資

株式投資をするには莫大なお金が必要。どこかそういうイメージを持っている人が多いかもしれません。株を知るには実際にやってみないとわからないことが沢山あります。お金がないからと動かないよりも、少額でいいので体験するべきです。株に触れながら勉強していくのが一番良い方法なのです。お小遣いの範囲でいいので、少しずつ始めてみましょう。

少額投資だからこそできること

少額投資だから株の流れを勉強できる

少額からでも株式投資は楽しめます。
少額投資はラッキーがない限り大金を稼ぐことは出来ないかもしれません。
しかし、株の流れを勉強できたり、株式相場の変動など、ネットや書籍では味わえない勉強を生で体験することができます。
投資を実際に買うことで初めて気づくこともたくさんあります。
株のことをわかっていないのにいきなり大金を株に換えてしまうのはバカバカしいことです。
絶対にやめましょう。
数十万円損失したのにも関わらず「いい勉強になった」とは言ってられませんよね。
お小遣いの範囲で楽しめるから株投資も楽しくなるのです。

株主優待をGETできる

少額投資であっても、株主優待を獲得することは可能です。
有名な人気銘柄も少額で買うことができます。

配当金の権利を獲得する

株を保有すると年に数回出資会社から配当金が分配されます。
もちろん少額投資であっても、株主権利を獲得すれば、配当金を受け取ることができます。

売却益を狙う!

少額で投資した株が大化けする可能性だって十分あります。
もちろん、どの株が大化けするかなんて誰にもわかりません。
たとえ、大きな利益を獲得したとしても調子にのらず落ち着いて株投資をすることが大切です。

少額投資で失敗しないためには?

生活費と投資を分ける

生活費と株式投資に使う費用は分けるようにしましょう。
もし、生活に必要なお金にまで手をつけてしまうと、借金をしてしまう可能性があるからです。
あくまで自分で決めた金額内で楽しむことを忘れないようにしましょう。

追加入金はしない

自分の決めた以上は追加しないこと。
追加投資をしてしまうと、借金のキッカケにもなりかねません。
この金額と決めたら、その範囲内で投資するべきです。

信用取引は絶対にやらないこと!

株式投資は、信用取引と現物投資があります。
現物投資は、自分のお金で投資をするやり方ですが、信用取引とは、証券会社から借金するやり方です。
できるだけ信用取引には手をださないようにしましょう。

投資を「ここでやめる」という基準を作る

例えば毎月50万円以上は投資しないと決めたら、それ以上のお金は使わないことが大切です。
自分のキャパシティーを超えるものはしない方が良いのです。
少額で投資をして失敗しないようにしているのに、借金までして株式投資をするなんて本末転倒です。

値動きの多い株はあえて保有しない!

値動きの激しい銘柄の株はリスクとの戦いです。
リスクを背負ってまで株をする必要はありません。

証券会社選びに気をつける!

少額投資向けの証券会社とは

少額投資をするうえで証券会社選びは重要です。
なかでもネット証券口座の開設はオススメ。
担当者がいるばかりに人件費がかかる総合証券よりも、手数料を安価で済ませることができます。
せっかく少額投資をするのに、手数料を取られるなんて元も子もありませんよね。
取引する金額によって、手数料が最安となる証券会社が変わりますので、しっかり調べておきましょう。

口座管理費がかる証券会社もあり!

口座管理費とは、口座を所有しているだけでかかる費用のことです。
家賃と同じように毎月証券会社に支払わなければなりません。
少額投資を楽しんでいるのに、無駄なお金を払っているのです。
そのお金で株の勉強をしたり、生活を充実させることができます。
口座管理費が無料の証券会社を選ぶとよいでしょう。

NISA口座を使って少額投資を行う

どうしても手数料が気になる人は、証券会社が取り扱っているNISA口座を利用するとよいでしょう。
証券会社が取り扱っているNISA口座のほとんどは、取引手数料が無料になっているからです。
NISA口座は、1年間でトータルの取引価格が120万円以下の場合、取引で得た売却益や配当金が非課税になります。
よって、少額投資をする人にはオススメできる口座なのです。

少額投資なりの楽しみ方がある!

気をつけなければいけないことはあるものの、株はお小遣い感覚で始められるものです。大きい取引は、株投資に慣れてからすればいいのです。焦らずゆっくり楽しみましょう。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP