悪質なお小遣いサイトにひっかからなようにするための指南書

お小遣いサイトに潜む罠!悪質なサイトにかからないための注意点

| 最初にやる投資

お小遣い稼ぎサイト(ポイントサイト)は、主婦、サラリーマン、学生から人気の高い副業です。それゆえに、悪質サイトが横行し、被害にあっている人がいるのも事実です。ここでは、そんな悪質サイトにひっかからないための注意点を紹介します。お小遣い稼ぎサイトは、信頼できるところを利用するようにしましょう。是非、参考にしてください。

ポイントサイト詐欺ってどんなもの?

ポイントサイトとは

ポイントサイトとは、ポイントを貯めて換金できるサイトのこと。
数十円から換金できる手軽さが魅力のお小遣い稼ぎサイトです。
また、溜まったポイントは電子マネーなどにも交換が可能です。
広告をクリックしたり、アンケートに答えたり、資料請求をすることによってポイントを得ることができます。
お小遣いサイトの中でも人気で、リスクのない副業として注目されていますが、それを逆手に取ったポイント詐欺に騙されている人が急増しています。

ポイントサイト詐欺の実態

ポイントサイト詐欺には具体的にどんなものがあるのかまとめました。
自分が使っているサイトが同じような特徴を持っている場合は注意してください。

登録した覚えのないサイトからメールが来るようになった

ポイントサイトを利用するようになった途端、出会い系サイトやアダルトサイトからスパムメールが届くようになったら注意です。
個人情報が売買されている可能性があります。
広告をクリックして同じよう被害に遭う人もあるようです。
メールアドレスを変えるなど対応をしましょう。

有料サイトからの請求

登録した覚えのない出会い系サイトからの請求。
じつは、ポイントサイトと出会い系サイトが同じ運営会社であり、ポイントサイトを登録すると自動的に有料の出会い系サイトに登録される仕組みになっていたというケースがあります。

クレジットカードの不正利用

ポイントサイトを通じてクレジットカードで商品を購入したら、カードの情報を不正使用されていたというケースがあります。
消費者センターなどへ相談に行きましょう。

換金できるだけのポイントが全然たまらない

最低換金ポイントが異常に高く、得られるポイントが少ない……。
こうなるといつまでも現金などに換金できません。
そしてやっと換金できるくらいにポイントが貯まったらサイトが消滅していた……など被害に遭っている人は沢山います。

被害に遭いやすい人の特徴はこんな人!

利用規約を読まずに同意する人

利用規約を読まずに同意をクリックorタップをしてしまうのは非常に危険です。
利用規約とは、サービスを利用する上でのルールや決まりが書かれているものです。
よく読んでみると利用者が不利になる事が書かれている場合があります。

・運営会社側の都合で換金できる最低ポイントを変更できる
・サービスを利用した時点で別のサイトに登録される
・個人情報は運営した会社が勝手に利用してよいことになっている

このように規約を読むだけで「ん?」と思うようなことがたくさんあります。
危険なサイトは避けましょう。

一気に稼ぎたいと思っている人

「誰でも簡単に稼げる」といった甘い謳い文句に食いついてしまう人は危険です。
登録した時にもらえるポイントが高い場合は、実際に登録したあとポイントが低い設定にされている場合があります。

ネットに掲載されている情報を鵜呑みにしてしまう

ネットに広告をだすのだから安心だろうと思い込む人は危険です。
知らないサイトなのに簡単に信用する人は危険です

騙されないために注意すること

信頼できるサイトを選ぶ

ポイントサイトを初めて使う人には、会員数が多かったり、実績のあるお小遣いサイトを選ぶことをオススメします。
サービス歴が長かったり、無意味な誇大広告をしていないかなど確認しておきましょう。

会社概要をチェックする

きちんと実在する会社なのか、または実績のある会社なのか確認しましょう。
住所や電話番号などが掲載されていない会社は要注意です。
住所もデタラメの場合があるので、ネットを使って検索してみましょう。

初期費用が必要な場合は利用をやめる

専用口座を開設するからといってお金を要求してくるサイトがあります。
こちらがお金を貰う立場なのに金銭を要求してくるサイトはほぼ詐欺サイトです。

個人情報を守る

ポイントサイトを利用するなら、専用のフリーメールアドレスを使いましょう。
スパムメールがきたり、サイトに登録されたり面倒なことに巻こまれてしまいます。

自分の目で見極めることが大事!

ココとココ! とはいえないほど多くの悪質サイトが存在しています。自分の目利きを信じるしかありません。少しでもおかしいと思ったら即刻使用を中止するべきです。被害に遭わないためにはやめる勇気も必要なのです。

開催予定のセミナー情報 書籍のご案内 投資を今すぐ始めたい、もっと知りたい方はこちら

関連記事を見る

PAGE TOP